がん治療ナビ【治療法と薬・食事・手術・費用】

*

がん治療の情報サイト

がん治療の医療技術は進歩し、がんは治る病気になりつつありますが、やはり大切なのは早期発見と早期治療なのです。そのためには定期健診はもちろんのこと、あなたの「がん」に対する知識も重要になるのです。

がん治療ナビでは、それぞれの癌の基本的知識から原因・症状、最新のがん治療までの役立つ情報をご提供します。


がん治療:注目記事ピックアップ


山田邦子さんの乳がん治療
タレントの山田邦子さんは、テレビ番組で紹介された"家庭でできる乳がんの視診・触診"によって、乳房の中のしこりを発見しました。早期発見のため、邦子さんのがん治療は乳房を切除せず、温存手術を受けました。 手術後に番組内で、乳がんだったと報告して世間を驚かせました。

ホルモン療法の効果と副作用
乳がんが早期発見された山田邦子さんが受けているがん治療がホルモン治療です。このホルモン療法は乳がんの他にも、ホルモンが関係する子宮体がん、前立腺がんなどに効果があります。 この治療によって、全身に散らばる細胞の増殖を抑え、がんの転移・再発を防ぎます。

3大がん治療法
がん治療の中でも3大がん治療法といわれている外科的手術、放射線治療、化学療法を解説していきます。

がん治療と健康食品
がん治療をしながら、健康食品を摂取している方は多いです。健康食品は摂取する方法によっては、逆に健康を損ねる危険性もあり、決して過剰摂取してはいけません。
>>がんの改善に効果的な食事療法はこちら


▼大腸がん症状と治療


大腸がんは、消化器官である大腸に悪性の腫瘍ができる病気です。部位により直腸がんや結腸がん、盲腸がんに分けられ、早期発見すれば完治も可能ですが、痔と間違えたりと発見が難しいため、注意しておくことが大切です。他のガンと比べるとわりと進行がゆっくりなのも特徴です。この大腸にできる癌について、原因から治療法まで詳しくご紹介します。

大腸がんの種類について
大腸がんはいろいろな分類の仕方があり、それには腫瘍が大腸のどこに発症したかによる分類や、腫瘍の形態、がんの深達度合いなどにより分類されます。

例えば、腫瘍が発症した場所による分類では、大腸がんは結腸がん、直腸がん、盲腸がんに分類され、この中の直腸がんは上行結腸がん、下行結腸がん、横行結腸がん、S状結腸がんに細分化されます。

大腸がんの初期症状は?
大腸がんの初期症状の特徴としては、腫瘍のある患部からの出血が原因で、便に血が混じる血便や下血が起こります。便に血が混じる症状を痔と勘違いする方も多く、大腸がんの発見を遅らせることもあります。

また、初期症状として細い便が出る症状や残便感、腹痛、さらに便秘と下痢を繰り返すという症状があります。特に便秘と下痢を来る返す症状は、大腸がんが進行している場合があります。

大腸がんの発症原因を知る
大腸がんの発症原因は、体質的なものや日常の食生活や生活習慣、加齢、疾患、遺伝性など、いろいろな発症リスクを高めるものはあります。

例えば、大腸がんの発症原因として大腸にできる良性のポリープがあります。ポリープが良性であれば問題はありませんが、その中にがん化して悪性になるものがあり、大腸がんの原因になります。

大腸がんの治療法
大腸がんの治療には、最も一般的な治療として外科手術による手術療法です。手術療法の他には化学療法、放射線療法などがあります。また、漢方療法や遺伝子療法などの治療法も行われていて、近年では新しい治療法も研究開発されて、行われています。


▼皮膚がん治療


皮膚がんは比較的早期発見が望めるがんです。原因には紫外線やホクロ、シミ、傷跡などがありますが、まずは紫外線対策が重要です。 そして癌を体内から予防するには、野菜を中心としたバランスのとれた食事が有効です。
早期であれば比較的おとなしいがんです。皮膚を観察し異常があれば、念のため早めに医療機関を受診しましょう。

皮膚がんの種類
皮膚がんには大きく分類すると表皮がんと悪性黒色腫の2種類があります。表皮がんは進行が遅く転移の可能性が低いため悪性度は低いがんです。特徴としてお年寄りの患者が多い傾向があります。

悪性黒色腫は進行が速く転移しやすいため悪性度の高いがんです。特徴として足の裏にできやすい傾向があります。

皮膚がんの原因
まず経皮毒は有害な合成化学物質が皮膚を経由して体内に入ることです。化粧品や洗剤など毎日皮膚に触れるものは注意が必要です。
次に環境問題は発がん性物質(薬品、汚染物質、農薬、添加物など)が周囲の環境から体内に取り込まれることです。 最後に紫外線は皮膚に炎症を生じさせ、それが皮膚がんに発達します。

紫外線対策
紫外線は皮膚がんの原因の一つですので、なるべく紫外線に当たらないようにしましょう。特に紫外線が多い時間帯(10時~14時)を避けて行動しましょう。

またクリーム系のUVケア製品は、ムラが出ないように厚く塗ること。汗をかく季節は1~2時間に一度チェックしてまだらになっていたら、塗りなおしましてください。

皮膚がん免疫力をつける
免疫力を高めてがんを予防するには抗酸化物質を摂取すると良いと言われています。ベータカロチン(緑黄色野菜)、ビタミンC(果物)、ビタミンE(レバー)、ポリフェノール(ワイン)などを積極的に摂りましょう。 カテキンを含むお茶や、トマトのようなミネラルを多く含んだ食材を一緒に摂ると効果が高まります。

医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があります。
ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の方法だからこそ、試してみる価値があります。・・・>> 詳しくはこちら

沖縄の野菜とがん予防

抗酸化物質という物質ががんの予防に効果があると言われています。抗酸化物質は緑黄色野菜にたくさん含まれています。この緑や黄の色に秘密があるのでしょうか?ところで沖縄は日光や紫外線が強…

皮膚がんを予防は身体の内側から守る

皮膚がんを予防するには、原因の一つである紫外線対策が必要です。これは紫外線を身体が浴びないように工夫することです。UVケア製品を使ったり、紫外線の強い季節や時間帯の外出を控えたりす…

ホクロ除去は簡単?!

ホクロが多いと気になりますね。顔にできても気になります。色の濃いホクロも気になります。大きいホクロも気になります。気になるホクロはどうするでしょうか?   男性で…

皮膚がんは爪にもできる

皮膚がんの一種にメラノーマがあります。メラノーマは足の裏にできるがんとして知られていますが、実は爪にもできます。爪にできたメラノーマは、分類上は「末端黒子型黒色腫」の部類に入るそう…

日本人に多い皮膚がん

皮膚がんは、どこの細胞に生じるかで2種類のがんに分類することができます。皮膚の内部は何種類かの細胞で形成されています。その中の基底細胞に生じる場合と有棘細胞に生じる場合とがあります…

ガンに効果がある食品(2)

ここでは、がんの発生を抑制すると言われている野菜類として、ニンジン、レモン以外を取り上げます。特に、ニンニクとさつま芋です。   まず、アリルイソチオシアネートと…