がん治療ナビ【治療法と薬・食事・手術・費用】
*

大腸がんの分類

ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可能性があります。>> 詳しくはこちら


大腸がんはいろいろな分類の仕方があり、それには腫瘍が大腸のどこに発症したかによる分類や、腫瘍の形態、がんの深達度合い(がんが大腸壁に浸潤している度合い)などにより分類されます。
 

大腸がんの分類には腺がんと他のがんに大別することができます。腺がんには高分化型、中分化型、低分化型があり、大腸がんの場合は8割の患者で高分化型に分類される大腸がんになります。
 

腫瘍が発症した場所による分類では、大腸がんは結腸がん、直腸がん、盲腸がんに分類され、この中の直腸がんは上行結腸がん、下行結腸がん、横行結腸がん、S状結腸がんに細分化され、それぞれは大腸の各部位に当たり、治療法もそれぞれに異なります。
 

大腸がんの取り扱い規約による分類では、眼で見た観察で分類する方法があります。これは、病変を見た目で判断し、軽度なものの0型から始まり4型まで分類し、0型から44型のどれに当てはまらない5型の6つに分類します。
 

大腸がんの治療において重要なことは、がんがどの程度進行しているのか判断する深達度合いです。がんがどの程度進行しているのか、がんが大腸の粘膜下層より深く湿潤している進行がんであるか、がんが未だ小さく、がんが粘膜内にとどまり粘膜下層に及んでいない早期がんであるかによって、治療方法も選択され適切な治療が行われます。
 

定期検診などで偶然に発見されたような大腸がんは、早期がんに相当します。大腸がんで最も多く見られるものは直腸がんです。しかし、近年の日本ではS状結腸がんの患者が増加傾向にあります。
 

大腸がんが早期がんで、腫瘍が粘膜の浅いところにできている場合は、内視鏡を使った切除手術で治療することができます。しかし、がんが進行すると大腸の腸内が狭くなり腸閉塞を引き起こす場合や、がんがリンパや血液の流れに乗って他の部位へ転移することがあります。
 

大腸がんを完治するには、定期的な検診を行うことが重要になります。

医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があります。
ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の方法だからこそ、試してみる価値があります。・・・>> 詳しくはこちら

大腸がんの分類関連ページ

大腸がんで人工肛門での生活
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
大腸がん治療と人工肛門
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
大腸がんの高額になる医療費
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
大腸がんの摘出手術後の食事
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
大腸がん治療で大切な痛みの緩和
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
大腸がんに起こる転移
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
大腸がんの再発について
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
大腸がんに診られる出血
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
大腸がんの遺伝性
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
大腸がんとポリープ(線種)
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]