がん治療ナビ【治療法と薬・食事・手術・費用】
*

肝臓がんと肝炎ウイルス

ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可能性があります。>> 詳しくはこちら


肝臓がんの主な要因は、肝炎ウイルスの感染です。
長期に渡るウイルス感染で肝細胞で炎症・再生が繰り返された結果、伝子が変異し、それが積み重なり、肝臓がんへと進展したのです。
 

肝炎ウイルスにはA、B、C、D、Eとありますが、肝臓がんは主にBとCです。世界の肝臓がんのうち約75%がB型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスによるものです。
 

そのため、B型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスの感染予防と、感染者に対する肝臓がん発生予防が、肝臓がん防止に重要です。
 

肝炎ウイルスに感染すると肝炎という病気になります。肝炎の症状は全体倦怠感、食欲不振などがあげられます。気づきにくい症状ですが、感染後も自然治癒してしまう場合もあります。
 

また、肝炎ウイルスの感染者でも肝炎にはならず、肝炎ウイルスを保持続ける人もいます。そういう人を肝炎ウイルスのキャリアと呼びます。肝炎である人もキャリアの人も肝臓がんになりやすいので、定期検査が必要です。
 

肝機能に異常のないキャリアの場合は半年に1度、血液検査の数値が高いなど肝機能に異常がある場合は3~4ヵ月に1度の検査が必要です。
 

肝炎ウイルスの感染の原因には次のものが挙げられます。
 

・母子感染、
・輸血、
・性行為、
・針刺し行為(医師や看護士の針刺し事故など)

 

現在は妊婦への肝炎ウイルスの感染有無を調べる検査があり、母親がB型肝炎ウイルスの感染者とわかると、すぐに新生児にワクチン治療が行われています。
 

肝臓がんになった場合に行われるがん治療には、外科療法、体の外から針を刺す穿刺療、肝動脈塞栓術が中心となります。
 

また、肝臓がんになった場合、がん治療を行っても肝炎ウイルスはなくなりません。ですので治療後も定期的検査が必要です。

医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があります。
ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の方法だからこそ、試してみる価値があります。・・・>> 詳しくはこちら

肝臓がんと肝炎ウイルス関連ページ

肝臓がんの治療について
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
肝臓移植
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]