がん治療ナビ【治療法と薬・食事・手術・費用】
*

表皮内がんとは

ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可能性があります。>> 詳しくはこちら


表皮内がんとは別名「皮膚がん前駆症」で皮膚がんの一種です。皮膚がん前駆症という名前の通り、この段階では転移の可能性も低く症状もまだ怖くないがんですが、以下にも説明しますように放っておくと怖いがんに成長する可能性があり、決してあなどれません。
 

そこで、表皮内がんの種類と特徴を以下にまとめます。
 

①乳房バージェット病
(症状)赤い斑点やただれが乳首に発生し、やがて乳輪や乳房全体へと発展していきます。
(傾向)50才代を中心とする女性に多いです。
(特徴)分類上は乳がんにも分類されます。
 

②乳房外バージェット病
(症状)肛門や性器の周辺部が赤い斑点、膿、かゆみなどが生じます。
(傾向)60才代以上の男性に多い傾向があります。
(特徴)乳房バージェット病と合わせて、単にバージェット病とも呼ばれます。
 

③ボーエン病
(症状)赤や茶色の発疹ができます。形状はさまざまで決まっていません。
(傾向)日光が当たらない領域に発生しやすいです。
(特徴)やがて有棘細胞がんに発達します。
 

④日光角化症(別名:老人性角化症)
(症状)円形に発疹が生じます。表面は乾いた感じです。
(傾向)名前のとおり日光が当たる領域に発生しやすく、年齢が高くなるほど発生しやすくなります。
(特徴)やがて有棘細胞がんに発達します。
 

注)有棘細胞がん(ゆうきょくさいぼうがん)
(症状)皮膚の表面に起伏状の腫瘍が生じます。
(傾向)体中にできる可能性があります。
(特徴)やがて皮膚から体の内部に入っていきます。骨に達することもあります。有棘細胞がんは皮膚がん前駆症ではありませんが、皮膚がん前駆症を放っておくと有棘細胞がんに成長し、皮膚だけでなく体の内部にまで進行(転移)するため、非常に怖いがんです。こうなる前に治療あうることを勧めます。
 

以上のように、表皮内がんは日光や紫外線が当たらない領域も含めて、体のさまざまな領域に発生することが知られています。表皮内がん自身は転移しにくいがんと言われていますが、そのままほっておくと有棘細胞がんに進行してしまう可能性があります。結局は、早め早めの受診と治療が必要です。

医師や病院に頼らず、自宅で癌を改善できる可能性があります。
ガンの治癒100%、再発0%に挑戦し続ける井上先生の方法だからこそ、試してみる価値があります。・・・>> 詳しくはこちら

表皮内がんとは関連ページ

飲む日焼け止め<皮膚がん予防の紫外線対策>
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
沖縄の野菜とがん予防
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
皮膚がんを予防は身体の内側から守る
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
ホクロ除去は簡単?!
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
皮膚がんは爪にもできる
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
日本人に多い皮膚がん
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
ガンに効果がある食品(2)
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
日光浴は身体と心に良い!?
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
皮膚科での検査について
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]
発見されにくい皮膚がんとは?
ガンを告知されて医師に見放された方、余命を宣告された方も諦めないでください。井上先生の方法でガンを改善できる可 […]